家族葬が今の時代にあっている

subpage01

昔は盛大に故人を弔うために、派手なお葬式をしたり、その時しか会わない親戚のために豪華な葬式をすることが多かったですが、最近は不景気の影響などもあり、質素な葬式を望む方が多くなっています。

それだけではなく、故人の最後の思い出として、送り出す最後の時まで、ゆっくりとみんなで過ごしたいという気持ちがあり、家族葬を望まれる遺族が多いようです。



一般的な葬式と比べても、値段が非常に安く済むのと、式場にしても規模がそれほど大きくありませんので、スムーズに進行するということが挙げられます。



また、沢山の方々に来てもらう必要もなく、気を遣う必要はないという点が挙げられます。

家族とゆっくり故人を偲び、ゆっくりと故人を送り出していけるという意味では、こちらの方が良いといえます。また最近では、初七日をそのときに済ませてしまうご遺族もおおいので、家族葬のほうが進行もスムーズです。
葬式業者も、家族葬の方を勧める傾向があり、それらのプランについても充実していますので、もしわからないときは、業者に聞いてどのような形で進めていっていいのかということを尋ねてみると良いでしょう。急に家族の大切な人が亡くなったり、若くして病気などで亡くなってしまった場合は、残された遺族の負担はとても大きいものになります。

精神的にも金銭的にもかなり大きなものになってしまいますので、こういった家族葬は将来のご遺族の生活のためにも重要な役割を果たしているといえるでしょう。