家族葬が主流のお葬式スタイル

subpage01

現在は多くの高齢者が増え、さまざまな高齢者対策をしています。


介護施設や保険にスーパーなども65歳以上のサービスを行っているところもあるくらいです。そして、同時に抱えるのが葬儀のことです。

世帯の中には高齢者を抱えているところも多くあり、いつまでも元気でいるわけでなく今後のことも考えていかねばなりません。



その1つに葬儀があります。


核家族化が進んでいる現代では、大きな葬儀を行えないのが現状ですし、また費用をかけて今後の生活を苦しくしては何もなりません。

ゆえに、今注目されているのが小さなお葬式である家族葬です。

親族と親しい人といった身内のみで行うお葬式です。
身内だけですが、温かいお葬式をすることができ、また家族だけの時間を持てるのが家族葬でもあります。
家族葬は一般葬儀に比べると、費用もかかりません。
また種類によっては一日葬なら費用を大幅に削減できます。


基本プランが各葬儀社によって違いがありますから、まずは葬儀のことを知りたいのであれば、葬儀社がどのようなプランで出しているのか、比較してください。



そして、各社どれくらいの費用で行えるのか、基本プランの価格をまずは比べその内容とオプションなどを確認した上で、いくつかの葬儀社の資料をもらいましょう。
家族葬は親しい人たちだけで行うものですが、最近は人数を50人くらいの参列にしている世帯もいます。



感謝の気持ちを込めての最後のお別れ会ですから、豪華なお葬式よりも小さくても温かいものであれば故人も満足することでしょう。