親しい者で見送る家族葬

subpage01

年々葬儀の形式もバリエーションが増え、一般的な葬儀だけでなく、家族葬という選択肢をとる遺族も増えてきています。



家族葬は、家族だけで亡くなった方を見送ると思いがちですが、親戚や親しい友人なども呼び、故人とかかわりの深かった人で故人を追悼するお葬式です。

そのため、故人の仕事関係やご近所の方を呼ぶ必要はなく、参列者の数も比較的少なくなり、落ち着いた葬儀を送ることができます。



一般葬儀のように、何かと弔問客を気遣うことが少なく済むため、精神的疲労の大きい遺族にとっては、助かります。遺族が落ち着いて故人を送ることのできる家族葬は、年々その人気が高まり、今では主流の葬儀として扱われるまでになっています。


その人気の要因の一つに、規模が小さく、参列者も少ないことから、費用の負担が、少なくすむ点があります。


実際にかかる費用としては、40〜50万円というところが多く、一般葬に比べてかなり費用は安いです。

家族葬で注意しておく点は、葬儀に呼ぶ親族の範囲をどこまでにしておくかという点です。


亡くなってすぐには、なかなか判断できないので、万が一の時に備えて、事前に親族の範囲を決めておきましょう。葬儀に呼ばない親族には、失礼の無いように、訃報の知らせの際、会葬辞退の案内を出しておくことをおすすめします。
現在では、生前に自分の葬儀を考えておく人も増えています。



自分の葬儀の形式として、遺族に負担が少ない家族葬を選択肢として考えるのもいいでしょう。