家族ある葬儀の中から家族葬を選択する意義とは?

subpage01

家族が亡くなるとその遺族には葬儀の準備などに関わる多重な重圧がのしかかることとなります。



葬儀会場の準備や参列が予定される方々への連絡、葬儀会社の手配、ご遺体の搬送など様々な準備が必要となりますが、式当日もまた参列者への挨拶などに追われて最も大切な故人とのお別れについては十分な実感も出来ないままで出棺の時を迎えてしまうケースも少なくありません。

その根本的な部分を捉え直し、ごく身近な人たちが無理なく集まって、ごく少数にて最後の家族団欒のひと時を迎えるというのが家族葬というあり方です。
家族葬は近年、多くの家庭で活用されており、表向きの面子よりも中身を重視する傾向の表れと言えるようです。



その内容としてはごく単純で、宗教者を読んでお経などを挙げてもらう場合もあれども、基本的には家族が集まって精進料理を食べ、その中で故人にまつわる思い出話に花を咲かせるというパターンがほとんどです。
時には故人の好きだった歌をみんなで斉唱したり、あるいは故人の好きだったレコードを聴いたり、アルバムを見返したり、思い出話を一人一人が口にするといったものも良いでしょう。

こうしてごく身近な人たちが気兼ねなく集まることで負担もかかりませんし、費用的にも安く抑えることができます。

そして何よりも心のこもったひと時を持つことが可能です。



家族葬のあり方は人それぞれですので、生前の故人が遺言をしたしめていたり、個人そのものがこれらの家族葬を生前のうちに手配しておくケースも多くなってきています。

その意味でも葬儀のあり方は大きく変わりつつあると言えるでしょう。

知りたい情報

subpage02

昔は盛大に故人を弔うために、派手なお葬式をしたり、その時しか会わない親戚のために豪華な葬式をすることが多かったですが、最近は不景気の影響などもあり、質素な葬式を望む方が多くなっています。それだけではなく、故人の最後の思い出として、送り出す最後の時まで、ゆっくりとみんなで過ごしたいという気持ちがあり、家族葬を望まれる遺族が多いようです。...

NEXT

専門知識

subpage03

現在は多くの高齢者が増え、さまざまな高齢者対策をしています。介護施設や保険にスーパーなども65歳以上のサービスを行っているところもあるくらいです。...

NEXT

生活関係の真実

subpage04

家族葬は、参列者をご親族やご友人に限定して執り行うものになりますので、あらかじめ誰を呼ぶのか、誰を呼ばないのかというのを決めておく必要があります。ギリギリまで決めないでいますと、万が一の時に、誰へ連絡をすれば良いのか解らなくなってしまいます。...

NEXT

納得の真実

subpage04

年々葬儀の形式もバリエーションが増え、一般的な葬儀だけでなく、家族葬という選択肢をとる遺族も増えてきています。家族葬は、家族だけで亡くなった方を見送ると思いがちですが、親戚や親しい友人なども呼び、故人とかかわりの深かった人で故人を追悼するお葬式です。...

NEXT